事前準備- 2件

ベストなキャリアを築くために必要な転職活動とは

  キャリアを重視した医師の転職活動のポイント

誰もがベストなキャリアを築いて引退していくわけではありません。
思い描いていたような医師人生を送れないままに引退を迎える人もいるでしょう。
今現在転職を考えている人や消化器内科の医師募集の求人を眺めている人は、これからまだまだ自らのキャリアを構築あるいは修正していくことができると考えられます。
もちろん、そのために必要なポイントを押さえておかなければ夢物語で終わってしまうことになるでしょう。

キャリアを重視した転職を実現するには、キャリアプランを明確にしておく必要があります。
これがブレてしまえば、キャリアアップも実現できずに、転職できたとしても思ったようなキャリアを形成することはできません。

●専門医資格を取得したいのか
●より専門的な領域を学びたいのか
●持っている技術を生かしたいのか
●独立開業を目指すのか
●プライベートの充実を重視したいのか
●より広い分野で活躍できる医師になりたいのか

消化器内科医にはざっと考えられるだけでもこれだけの方向性があり、それによって転職活動時にチェックする求人や医療施設のポイントも異なってくるのです。

収入アップを追求する医師もいるでしょう。
正しい選択を行うためには、キャリアプランをしっかりと築き上げておくことが必要不可欠となります。

キャリアアップと一言で言っても、その内容も方向性も医師それぞれです。
ここも丁寧に整理しておきましょう。

転職に失敗すれば、キャリアをアップさせるどころか、キャリアを傷つける可能性すら出てきます。
そうした危機感を持ちながら転職活動計画を立てていかなければいけません。

  冷静なキャリア整理とプランの構築が大きな鍵

自らのキャリアをどのように築き上げていきたいのか、そのプランを構築することが転職や医師人生の重要な鍵を握ることになる点については説明した通りです。

しかし、これは未来の話。
転職を考えている医師には過去も存在しているので、そちらも冷静に観察しながら整理していく必要があります。

内視鏡に関する知識や経験がさほどないにもかかわらず、内視鏡検査ができる医師募集案件へと応募するのは無謀でしょう。
医療施設側も即戦力を求めているでしょうから、そのような転職はいくら時間と労力をかけても成功し得ません。

このように、消化器内科医それぞれの持つこれまでのキャリアや実績、経験を冷静に見た上で、今後のキャリアへと繋げていく作業が転職成功のためには必要になってくるのです。

先のことだけを考えると冷静さを失い、また、理想だけを掲げてしまいがち。
それでは無謀なキャリアプランとなってしまいますし、キャリアアップの道を探ることも現実的ではなくなるためお勧めしません。

整理している途中で厳しい現実にぶつかったとしても、自らのキャリアをしっかりと受け止め、その上でどのような道や方向性を見出すのが現段階でベストなのか、ここを重視し向き合うことが転職活動する際の重要ポイントとなります。
むやみに求人を探す前に、まずはこうした作業を行っておくことをお勧めします。

目指す働き方やキャリアプランによって見えてくる方向性

  希望する働き方によって選びたい勤務先

どのような将来を目指すのか、それによって選択する転職先が変わってくるでしょう。
医師を募集している消化器内科を抱える医療施設は山ほどありますが、どれもが同じような医師を探している訳ではないという点も考慮しながら求人を眺めていくことが重要なのです。

例えば、さらなるスキルアップを目指し将来的に専門医となることを目指すのであれば、それが可能な病院へと転職するのが賢明でしょう。
施設によって認定内容が異なるため、専門医の中でもどこを目指すのかを考えつつ選択していく必要があります。

すでに一定のキャリアや経験を持ち、持ち合わせている技術等を十分に生かしたいと考えるのであれば、消化器センターや消化器の専門病院へ転職すると、それが叶えられるはず。
民間はもちろん公立病院でもそうした施設はあるので、より専門領域を限定して転職先を探すのもいいのではないでしょうか。

高い年収、比較的緩い人間関係、そして働きやすさ、こうした点に着目して勤務先を選択する消化器内科医も増えてきています。
これらを全て叶えられる可能性があるとすれば、クリニックという選択肢が挙げられるでしょう。

消化器内科の医師を募集しているクリニックも探せばいくらでも見つかるはず。
全てのクリニックが高収入で働きやすいとは限りませんが、プライベートの時間を増やすこともでき、大型の病院とはまた異なった環境で働くことができるはずです。

  場合や状況・希望によっては非常勤という選択も

プライベートの時間を増やすためにクリニックで働く、という選択肢を一つ挙げましたが、働き方を大幅に変えるために非常勤を選択するという考え方もできるのかもしれません。

全ての医師に当てはまる考え方ではないものの、需要もあり、ある程度の収入が得られるとなれば、常勤にこだわる必要はないのではないでしょうか。

非常勤のみに絞り込んでも、消化器内科医の求人は非常に豊富です。
常勤とは異なり、医療施設だけではなく勤務時間帯や出勤曜日までをもかなり自由に選択できるため、多くの医師が働きやすいと感じるはず。

また、非常勤の場合は業務内容も限定されることが多いので、この点でもストレスやプレッシャーをさほど感じずに働くことができるのではないでしょうか。

ちなみに、消化器内科の非常勤の求人では、時給10,000円前後。
午前や午後など半日の勤務で日給40,000円から50,000円。
1日働いて80,000円から100,000円程度が相場の給与額となっています。

当直だとさらに給与額がアップし、常勤とは異なる福利厚生等とはなりますが、収入面で見れば十分な額を得ることができるでしょう。

あらゆる医療施設で学んで経験を積みたいと考えれば、このような働き方も十分有り得ますし、常勤先を見つけるまでの繋ぎとしても有意義な選択となるのではないでしょうか。

  • 1