目指す働き方やキャリアプランによって見えてくる方向性

  希望する働き方によって選びたい勤務先

どのような将来を目指すのか、それによって選択する転職先が変わってくるでしょう。
医師を募集している消化器内科を抱える医療施設は山ほどありますが、どれもが同じような医師を探している訳ではないという点も考慮しながら求人を眺めていくことが重要なのです。

例えば、さらなるスキルアップを目指し将来的に専門医となることを目指すのであれば、それが可能な病院へと転職するのが賢明でしょう。
施設によって認定内容が異なるため、専門医の中でもどこを目指すのかを考えつつ選択していく必要があります。

すでに一定のキャリアや経験を持ち、持ち合わせている技術等を十分に生かしたいと考えるのであれば、消化器センターや消化器の専門病院へ転職すると、それが叶えられるはず。
民間はもちろん公立病院でもそうした施設はあるので、より専門領域を限定して転職先を探すのもいいのではないでしょうか。

高い年収、比較的緩い人間関係、そして働きやすさ、こうした点に着目して勤務先を選択する消化器内科医も増えてきています。
これらを全て叶えられる可能性があるとすれば、クリニックという選択肢が挙げられるでしょう。

消化器内科の医師を募集しているクリニックも探せばいくらでも見つかるはず。
全てのクリニックが高収入で働きやすいとは限りませんが、プライベートの時間を増やすこともでき、大型の病院とはまた異なった環境で働くことができるはずです。

  場合や状況・希望によっては非常勤という選択も

プライベートの時間を増やすためにクリニックで働く、という選択肢を一つ挙げましたが、働き方を大幅に変えるために非常勤を選択するという考え方もできるのかもしれません。

全ての医師に当てはまる考え方ではないものの、需要もあり、ある程度の収入が得られるとなれば、常勤にこだわる必要はないのではないでしょうか。

非常勤のみに絞り込んでも、消化器内科医の求人は非常に豊富です。
常勤とは異なり、医療施設だけではなく勤務時間帯や出勤曜日までをもかなり自由に選択できるため、多くの医師が働きやすいと感じるはず。

また、非常勤の場合は業務内容も限定されることが多いので、この点でもストレスやプレッシャーをさほど感じずに働くことができるのではないでしょうか。

ちなみに、消化器内科の非常勤の求人では、時給10,000円前後。
午前や午後など半日の勤務で日給40,000円から50,000円。
1日働いて80,000円から100,000円程度が相場の給与額となっています。

当直だとさらに給与額がアップし、常勤とは異なる福利厚生等とはなりますが、収入面で見れば十分な額を得ることができるでしょう。

あらゆる医療施設で学んで経験を積みたいと考えれば、このような働き方も十分有り得ますし、常勤先を見つけるまでの繋ぎとしても有意義な選択となるのではないでしょうか。