消化器内科医の大まかな募集傾向

  経験値の高い医師を募集する傾向あり

消化器内科医を求めている医療施設は少なくありません。
むしろ非常に多く、求人案件数という観点から見れば、他の診療科目よりも多くなっています。
数が多ければ、各医療施設が求める医師像というものも変わってはきますが、多くの病院及びクリニックでは、一定以上の経験値を持つ医師を募集する傾向が強く見られます。

若い医師の需要が一切ないというわけではありません。
経験をこれから積んでいくべき年代の消化器内科医に関しては、規模の大きな病院が欲しているケースが多いでしょう。
それだけの余裕があるとも言えますが、年齢が若く経験が浅いと自覚しているのであれば、大規模病院の求人に狙いを定めてもいいのかもしれません。

規模が小さくなるにつれて、経験値の高い医師を探し求める傾向が顕著になっていきます。
少ない人数で外来や病棟管理を行い、また、内視鏡検査なども担っていくとなれば、経験値の低い医師では荷が重過ぎるでしょう。

転職後すぐに多くの患者に対応できるスキルや知識を持ち合わせている必要があり、そのような医師でないと求人を出している医療施設の希望には沿わず、採用されることもありません。

このように、消化器内科の医師の募集傾向は、病院の規模に左右されます。
転職先検討の際には、自らのキャリアを今一度整理し、それに見合った求人案件及び医療施設を選ぶことが求められそうです。

POINT 

多くの病院やクリニックでは即戦力となる経験値が高い医師を求めている。
内視鏡検査など患者の体に負担がかからないスキルには内視鏡検査技術医としての専門知識が必要だからです。
経験値の低い医師の場合は、大規模な病院の求人に狙いを定め、まずは経験を積みましょう。

  良い求人案件の競争率アップは必至

求人数が多いのは、単純に必要数が多いためです。
消化器内科の分野は内科系ということもありますが、何らかの疾患や不調により、多くの人がお世話になる分野でもあります。
高齢者の割合が増えたり、あるいは食事の質が時代によって変わったり、さらにはストレス社会だからこそ消化器系に不調を訴える人が増加し、消化器内科医の需要も増加するわけです。

こうした理由から必要数が多くなり求人数も増えるわけですが、その中にも医師にとって魅力的な求人とそうでもない求人とが存在し、当然ながら前者に応募者が集中することも珍しくはありません。

応募者が集中すれば、競争率も必然的に高くなります。

例えば、高い給与額を提示する医療施設は、その傾向が強くなる案件となるでしょう。
給与額などの待遇はさほど良くなかったとしても、症例数が多くスキルを磨くのに最適な環境が整っているような病院であれば、これも医師にとっては魅力的な案件となり、応募者が増えることに繋がります。

逆に、条件や待遇などもさほどよくなく、且つ設備や症例も乏しく環境的にもあまり整っていないよう医療施設であれば、応募者も殺到することはありません。

POINT  

この分野は、求人案件が非常に多いだけに、このように両極端な求人が出ている状況。
どう見極めていくか、転職希望者に求められる意識であり、転職活動の肝にもなってくるでしょう。

消化器内科の求人事情と要確認ポイント

  数が多く選択肢も豊富な消化器内科の医師求人

消化器内科医の求人事情で最も注目すべきは、その数でしょう。
そもそも、消化器内科の医師数は、内科系では内科医に次いで多い数となっており、1万人を超えています。
もちろんそれだけニーズがあるからなのですが、その医師数に比例するように求人数も多くなっている状況です。

消化器内科の求人数は常に数千もの数が存在し、新たな職場を探している医師にとっては、それを探しやすい状況にあると言えるでしょう。

選択肢が多い状況ではあるのですが、それだけに内容もさまざまです。
医療施設の規模、取り扱う症例、職務内容など一様ではないので、それらを絞り込んでいくと、少しずつ応募を検討するに値する案件は減っていくはず。
それでも選択肢が豊富に残るのは、転職希望者にとってはメリットでもありデメリットに感じられる場面も出てくるでしょう。

求人事情を語る上で欠かせない年収額等の待遇についてですが、求人の多くは、内科系の中でも比較的高めの設定になっていることがうかがえます。
内視鏡検査の知識や技術を持つ医師はニーズが高いため給与額も高くなる傾向があり、また、外来を主に診る医師には、消化器系だけではなく幅広い内科の知識が求められることから、やはり給与が高くなる傾向が見られます。
この点が、この分野の求人の待遇を押し上げている一つの要因になっていると考えられるでしょう。

  求人票や医療機関の中身を要確認

求人案件数が多く提示される給与額も高い傾向が見られる消化器内科医の求人事情。
規模や症例や職務内容などは一様ではないと述べましたが、そうしたチェックも転職活動の際には怠ることができません。

全てが希望通りの医療施設を見つけるのは難しいため、それぞれに優先順位を設定しつつ、できるだけ希望に沿った求人と出会う努力をし、適切な選択をすることが求められるでしょう。
加えて、給与額や福利厚生などの待遇にも目を向ければ、より求人選択が簡単なものではなくなります。

特にチェックが難しいのが、医療機関の体質や勤務環境でしょう。
医師はこれまでの経験を参考に求人票からも情報を得つつ応募先のイメージを作り上げますが、そのイメージと実態が重なることはほとんどありません。
それほど、医療機関の体質や勤務環境というのは、簡単にはイメージしづらいものなのです。

あらゆる情報源や求人媒体を活用しながら、自身にとって正しい選別をしていきましょう。
医師数が多いということは、一つの求人に転職希望者が集まりやすいということでもあります。
求人票や医療機関の中身を確認せずに応募先を決めることは、そうしたライバルにも遅れをとることになりますから、こうした事情や状況を考慮しながら適切な活動を進めていくようにしなければいけません。

POINT  

少しでも有利に効率よく転職活動をするなら”医師専用の転職サイト”のキャリアコンサルタントサービスを利用してみてはいかかでしょうか。
面接対策・優良の非公開求人・転職のアドバイスなど医師の転職をサポートをしてくれますよ!